header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内

谷口清超プロフィール


谷口 清超(たにぐち せいちょう)前生長の家総裁。

大正8年(1919)10月23日、広島市に生まれる。
東京大学文学部を卒業。
昭和17年(1942)、『生命の實相』にふれて深い信仰体験を得る。
やがて生長の家創始者・谷口雅春氏に師事。
昭和21年(1946)、谷口雅春氏の長女、谷口恵美子・生長の家 前白鳩会総裁と結婚。
以後、生長の家副総裁として日本全国はもとより海外に教えを宣布する。
昭和60年(1985)11月、生長の家総裁の法燈を継承する。平成20年(2008)10月28日、ご逝去(満89歳)。

主なご著書には『正法眼蔵を読む』上・中・下巻をはじめ、刊行中の谷口清超新書文集全10巻、『智慧と愛のメッセージ』『伸びゆく日々の言葉』『神想観はすばらしい』『「甘露の法雨」をよもう』『人生はレッスンである』『ステキな生き方がある』『何をどう信ずるか』(いずれも日本教文社刊)など多数がある。
著作一覧はこちらにあります。