header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内
日本教文社コンテンツ一覧 > 著者プロフィール

谷口雅春プロフィール

谷口 雅春(たにぐち まさはる、1893年 - 1985年)生長の家創始者。

明治26年(1893)11月22日、兵庫県兵庫県八部郡烏原村(現在の神戸市兵庫区)にご生誕。旧名=正治。大正3年(1914)、早稲田大学文学部英文科中退。求道生活に入る。
昭和5年(1930)3月に「人間・神の子」善一元の世界、万教帰一の啓示を受け、この真理を万人に伝えたいとの悲願の下に個人雑誌「生長の家」誌を創刊。これが生長の家のはじまりである。
その雑誌をまとめた『生命の實相』は通算1,900万部を超え、今なお多くの人々に読み継がれている。このほか『真理』(全11巻)『谷口雅春著作集』(全10巻)『新選谷口雅春選集』(全20巻)『新選谷口雅春法話集』(全12巻)『法華経解釈』『人生読本』等、400冊以上の著書がある。また神示に「七つの燈臺の點燈者の神示」や「甘露の法雨」「天使の言葉」などがある。
昭和60年(1985)6月17日、ご逝去(満91歳)。

著作一覧はこちらにあります。

谷口清超プロフィール

谷口 清超(たにぐち せいちょう)前生長の家総裁。

大正8年(1919)10月23日、広島市に生まれる。
東京大学文学部を卒業。
昭和17年(1942)、『生命の實相』にふれて深い信仰体験を得る。
やがて生長の家創始者・谷口雅春氏に師事。
昭和21年(1946)、谷口雅春氏の長女、谷口恵美子・生長の家 前白鳩会総裁と結婚。
以後、生長の家副総裁として日本全国はもとより海外に教えを宣布する。
昭和60年(1985)11月、生長の家総裁の法燈を継承する。平成20年(2008)10月28日、ご逝去(満89歳)。

主なご著書には『正法眼蔵を読む』上・中・下巻をはじめ、刊行中の谷口清超新書文集全10巻、『智慧と愛のメッセージ』『伸びゆく日々の言葉』『神想観はすばらしい』『「甘露の法雨」をよもう』『人生はレッスンである』『ステキな生き方がある』『何をどう信ずるか』(いずれも日本教文社刊)など多数がある。
著作一覧はこちらにあります。

谷口雅宣プロフィール

谷口 雅宣(たにぐち まさのぶ)生長の家総裁。

昭和26年(1951)12月24日、谷口清超・生長の家第二代総裁、谷口恵美子・生長の家白鳩会第二代総裁の次男として誕生。
昭和49年(1974)、東京・渋谷区の青山学院大学法学部公法学科を卒業。
その後、米国ニューヨーク市にあるコロンビア大学大学院の国際学部で国際関係論を専攻し、同大学院卒業後、『産経新聞』の記者を経て、1990年(平成2年)生長の家副総裁。
2009年、生長の家総裁。日本国内の各都市で開催されている「生長の家講習会」はじめ、各種行事の指導や執筆などで多忙な毎日を送っている。生長の家の人類光明化運動・国際平和信仰運動の伸展に尽力中。
また、日本国内にとどまらず、夫人の谷口純子・現生長の家白鳩会総裁とともに、1992年(平成4年)には米国およびカナダ、翌 1993年(平成5年)にはブラジル、続く1994年(平成6年)には再び米国へ赴き、生長の家の教えを宣布する。さらに1995年(平成7年)には、香港で開催された生長の家初の国際大会で指導したほか、中華民国の3都市を巡錫した。
個人のホームページ http://www.masanobutaniguchi.com/
著作一覧はこちらにあります。

谷口輝子プロフィール

谷口 輝子(たにぐち てるこ、1896年 - 1988年)生長の家創始者夫人。

「生長の家白鳩会」初代総裁。明治29年(1896)3月7日、富山県高岡市に生まれる。大正8年(1919)「生長の家」創始者谷口雅春氏と出会い、翌年結婚。谷口雅春氏と共に「人間・神の子」善一元の世界、万教帰一の真理を万人に伝えるべく邁進。昭和11年(1936)2月2日「生長の家白鳩会」結成し、昭和26年(1951)3月、白鳩会初代総裁就任。昭和63年(1988)4月24日、ご逝去(満92歳)。


著作一覧はこちらにあります。

谷口恵美子プロフィール

谷口恵美子(たにぐち えみこ)前生長の家白鳩会総裁。

大正12年(1923)10月10日、富山県高岡市で生れる。生長の家創始者・谷口雅春氏の長女。香蘭女学校卒業。昭和21年(1946)、前生長の家総裁・谷口清超氏と結婚。二男二女の母。2009年まで生長の家白鳩会総裁。主な著書に、詩集『鏡の中に』、『心の散歩道』、『心の散歩道 その2』、写真集『花とあそぶ』、『身近な四季 春から夏へ』、『身近な四季 秋から冬へ』、随筆『わたしの玉手箱』、『やさしく呼んであげて』、講話集『神さまからのいただきもの』、『すべてのものは美しい』(いずれも日本教文社刊)などがある。
著作一覧はこちらにあります。

谷口純子プロフィール

谷口 純子(たにぐち じゅんこ)生長の家白鳩会総裁。

1952年三重県に生まれる。日本航空客室乗務員を経て、1979年、谷口雅宣氏(現生長の家総裁)と結婚。2009年、生長の家白鳩会総裁に就任。現在『白鳩』誌に「日々わくわく」、『日時計24』誌に「あなたが未来」を執筆している。著書に『日時計日記』(監修)『平和のレシピ』『おいしいノーミート 四季の恵み弁当』『うぐいす餅とバナナ』『“森の中”へ行く』(共著)(いずれも生長の家刊)、『突然の恋』『小さな奇跡』『新しいページ』『花の旅立ち』(いずれも日本教文社)がある。二男一女の母。ブログ「恵味な日々」http://junkotaniguchi.cocolog-nifty.com/著作一覧はこちらにあります。