header_line
logo
日本教文社公式twitterアカウント  facebookアカウント  目録ご請求
ホームお知らせ編集部からコンテンツ一覧リンク集書店様へ会社案内

谷口恵美子著作一覧


詩集 鏡の中に
●さらりと読めて心が癒される不思議な本
曾孫たちと過ごすおだやかな日常の中で、ふと心に浮かんだ在りし日の父母の記憶… 日々の想いや小さな感動をみずみずしく綴った詩集の、待望の第三弾! 118篇の詩に加え著者自身の手による表紙画と本文イラストを配した、初めての「詩画集」。(平成20年10月初版)
ISBN978-4-531-05261-5 ▽A5判変型上製 226頁 定価(本体1714円+税)

詩集 心の散歩道
生長の家の創始者である両親への尽きせぬ愛と感謝。家族との深い愛の絆。生きるものへの慈しみといのちの讃歌。生かされてあることの深い喜びと感謝を爽やかに語りかける生命の讃歌。(平成7年10月初版)
ISBN978-4-531-05172-4 ▽A5判変型上製 174頁 定価(本体1359円+税)

詩集 心の散歩道 その2
家族のこと、趣味の写真や絵画のこと、花や昆虫のことなど身近な題材の詩。さりげない言葉の中から人生についての深い示唆が語られ、著者の暖かさがしみじみ伝わってくる。傘寿記念出版。(平成15年10月初版)
ISBN978-4-531-05232-5 ▽A5判変型上製 224頁 定価(本体1524円+税)

谷口恵美子写真集 四季のうた
四季折々の写真と、短いメッセージ。神宮内苑で撮られた白鷺、散りながらも庭を彩る桜の花びら、細い糸だけで支えているさなぎ、机の上で舞ったススキの穂… そして、いのちへの優しい眼差し。 (平成16年4月初版)
ISBN978-4-531-05238-7 ▽B5判変型48頁(オールカラー)  定価(本体1143円+税)

谷口恵美子写真集 身近な四季 春から夏へ
生きとし生けるものたちに心を通わせ、言葉にならない感動と慈しみを26枚の写真に託す。春から夏への静謐さと華やかさが織りなす写真集。『身近な四季 秋から冬へ』の姉妹書。(平成10年4月初版)
ISBN978-4-531-05196-0 ▽B5判変型48頁(オールカラー) 定価(本体1143円+税)

谷口恵美子写真集 身近な四季 秋から冬へ
著者の自然への慈しみと、優しい眼差しがレンズを通して溢れる。秋から冬への神秘で美しい自然の移ろいを、おしゃれでコンパクトにまとめた写真集。 (平成9年10月初版)
ISBN978-4-531-05193-9 ▽B5判変型48頁(オールカラー) 定価(本体1143円+税)

講話集 すべてのものは美しい
★生長の家白鳩会創立70年記念出版
人間本来のすばらしさ、国に誇りを持つことの大切さや、自然に則った生活の必要性を具体例をあげて語った本。生長の家の全国大会での講話(平成10年〜平成16年)から九編を精選。(平成17年4月初版)
ISBN978-4-531-05247-9 ▽四六判 200頁 定価(本体1238円+税)

講話集 神さまからのいただきもの
あらゆる生命への深い慈しみ、両親への尽きせぬ感謝、神さまから全てをいただいている事への大いなる喜び。著者の心の奥底からの想いが折々の出来事に即して優しく語られた、待望の講話集。(平成11年4月初版)
ISBN978-4-531-05206-6 ▽四六判 242頁 定価(本体1238円+税)

随筆 やさしく呼んであげて
常に家族や自然に曇りのない目を向け、物事の真実を観つづける著者が、やさしく、時には厳しく、生かされることの尊さ、愛する事の美しさを詩と随想で綴ったエッセイ集。(平成2年10月初版)
ISBN978-4-531-05149-6 ▽四六判上製 250頁 定価(本体1359円+税)

随筆 わたしの玉手箱
二篇の書き下ろし原稿に加えて、講演先の両親に宛てた幼い頃の書簡や谷口雅春師の書が本書を飾る。著者の優しく暖かい想い出を散りばめた玉手箱。心にしみる信仰随想集。(昭和61年4月初版)
ISBN978-4-531-05131-1 ▽四六判上製 240頁 定価(本体1301円+税)

随筆 光の輪をひろげよう
生長の家創始者の一人娘として、谷口雅春師夫妻の日常の一端にふれるほか、昭和52年の南米巡錫や奈良の旅の想い出等、人生を真剣に生きる人々を愛深く見つめ、豊富な話題で綴る随筆集。(昭和54年4月初版)
ISBN978-4-531-05083-3 ▽四六判上製 212頁 定価(本体1200円+税)

谷口恵美子監修 輝子先生を偲んで
★谷口輝子先生御生誕百年記念出版
生長の家創始者谷口雅春大聖師の妻として、愛と真心と信仰に生きた姿を、新たに発見された日記をはじめ、家族・関係者の思い出や一般公募で寄せられたエピソードで浮き彫りにする。(平成8年3月初版)
ISBN978-4-531-05177-9 ▽四六判上製 426頁 定価(本体1942円+税)

谷口恵美子精選 谷口雅春墨滴集
★谷口雅春大聖師御生誕百年記念出版
生長の家草創時から約半世紀の間に書かれた膨大な書画の内、掛け軸・額・色紙・短冊他の真蹟433点を精選収録。人類救済の悲願と気迫に満ちた真理の言葉に直に触れられる法悦の一大宝典!(平成5年11月初版)
ISBN978-4-531-05165-6 ▽B4判上製貼函入 定価(本体11429円+税)

谷口恵美子編著 こころの旅路
★谷口雅春大聖師御生誕百年記念出版
常に道を求めつつ、真理伝道の講演と旅の動向を切々と綴られた谷口雅春先生の肉声そのままの私信をもとに、著者の思い出を交えてたどる生長の家の内面史。人類光明化の熱誠が伝わる。(平成5年10月初版)
ISBN978-4-531-05163-2 ▽四六判上製 372頁 定価(本体1650円+税)

谷口恵美子プロフィール

谷口恵美子(たにぐち えみこ)前生長の家白鳩会総裁。

大正12年(1923)10月10日、富山県高岡市で生れる。生長の家創始者・谷口雅春氏の長女。香蘭女学校卒業。昭和21年(1946)、前生長の家総裁・谷口清超氏と結婚。二男二女の母。2009年まで生長の家白鳩会総裁。主な著書に、詩集『鏡の中に』、『心の散歩道』、『心の散歩道 その2』、写真集『花とあそぶ』、『身近な四季 春から夏へ』、『身近な四季 秋から冬へ』、随筆『わたしの玉手箱』、『やさしく呼んであげて』、講話集『神さまからのいただきもの』、『すべてのものは美しい』(いずれも日本教文社刊)などがある。
著作一覧はこちらにあります。